田舎暮らしのいいところ「とにかく家賃が安い!!」


田舎に暮らすととにかく家賃が安い!

なので、生活費がぐっと安く抑えれる。勿論田舎で働くとなると収入も低くはなるが、それでも都会で高い家賃払ってマンションで暮らすのに比べると、その半分ぐらいの値段で一軒家に住める。

 

ちなみに我が家は、
2階建ての一軒家で、部屋は6部屋プラスキッチン
さらに畑、裏山付きで家賃が3万円!

築年数は経っているが、リフォームしてあるので割と綺麗です

安いでしょ?  そうなんです

 

家賃は普通に生活していても、毎月出ていくものなのでできるだけ安く抑えると、お金にゆとりが生まれるし、貯金もできますね
やはり抑えれるものなら、毎月の出費は抑えたいものですよね

 

地方でも便利のいい町の中心部になると、アパート、マンションでも最低4万とかしてしまいますが、ちょっと山手や、自然がある方に行くと格安で借りれる一軒家があるので、地道に探してみることをオススメします

 

僕が住んでいるところも自然豊かな里山ですが、車で10分ほど走ればすぐに町に行けますし、買い物に困ることはありません

因みに前に住んでいた鹿児島県と宮崎県にまたがる霧島の山の中に住んでいたところは
平屋の一軒家で、部屋は2部屋(+床が抜けて使えない1部屋)に台所と裏山
ボットン便所と薪で沸かす五右衛門風呂で、家賃5000円!

さらに、安いでしょ?

さすがに安いからには訳があって、、、

住み始める前にまず、前に住んでいた人たちの荷物(カビた服、タンス、布団生活用品あれこれ)を、軽トラックに満載にしてなんども家とゴミ処分場を往復するとこからの始まり
家の中の荷物がかなり減ったら、今度は湿気とシロアリでブヨブヨの畳と床を壊して燃やして、もらってきた廃材と買った木材で床貼り作業
応援に来てくれた友人たちとなんとか2部屋使える状態にして
安く譲ってもらったバラバラの畳をパズルのように引いてやっと住めるという感じ

本当に山の中で家から見える人工物は電線ぐらいのものであとは、見渡す限りの緑緑。集落からも離れている森の中にポツンとあるお家で、唯一50M先のお隣さんも年に2、3度ぐらいしか会わないので、はるかに鹿や猪と遭遇する確率の方が高い  そんな場所

野菜は地元の道の駅で激安で豊富に買えるし、霧島は温泉天国なので探せば300円ぐらいで入れる良質な温泉もたくさんあるし、少ないお金で豊かに暮らせるのが魅力だった。

最低限の生活と家賃で50000円あればなんとか暮らしていける

難点はどこに行くにも遠いからガソリン代が結構かかる。
一番近いスーパーまで30分、国分の町に出るとなると50分、コンビニもほとんどないし、一番近いところでグネグネの山道を下って15分

なので、移動にはかなりお金と時間がかかるところが難ありだが、お気に入りの音楽をかけながら山道をドライブすると思えば楽しいものですよ
山は季節で色を変え、景色を変えて行くから飽きることはないし、
雄大な自然の中を車で走っていると心が洗われますからね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です