スティーブ・ジョブス 知られざる男の正体 


先日、スティーブ・ジョブス「知られざる男の正体」というDVDを借りて見てみた。

僕はMAC&I-Phoneユーザーだから、それを作った人はどんな人物だったのか?知りたくてDVDを借りてみた。なかなか興味深いストーリーだったので記事を書いてみることにしました。

ただ、ここであまりにもダラダラとストーリー展開を書いたところで観る楽しみを奪ってしまうだけなので、そんな野暮なことはしません。ジョブスのことが気になる人、アップルが好きな人、興味がある人、もっと知ってみたいという気持ちがある人にとってはきっといい映画になると思う。だから時間がある時でも観ることを勧めます。

だた、ジョブスにもアップルにもコンピューターにもあまり興味がない人にとってはちょっとつまらなく感じるかもしれない。
(ていうか、見なくてもいいと思う)

これは世界を変えたある一人の男の、濃密な波乱に満ちた半生を描いたドキュメンタリー作品である

時代を変える程のことをやってのけ世界中の人に愛された。それと同時に多くの人を傷つけ嫌われもした。最高で最低な人間。
天才と言われる一方で(その生い立ちのせいなのか)時に冷徹なクソ野郎と言われることもあった。

人には誰しも光と陰があるように、ジョブスにもあったし、本編ではそれを赤裸々に描いている。清濁併せ持ち、その激しさゆえついていけない人もいた。仕事を愛し、製品にとことん愛情を注いだ。情熱を持ってやりたいことを全てやった。そして彼は世界を変えた。

今や世界中の人がmac,iphone,ipod,ipadを使う。パソコン機器を使って文明をさらなる高みへ押し上げた。

今やパソコンを開けばどこにいても世界と繋がっていける

いつでも、どこでもネット環境さえあれば

「ほら、今だってPCやスマホの画面を通じて僕と繋がっているだろ?
それってすごいことだよね」

ジョブスは「コンピューターによって何ができるか?」という可能性を追い求め続けた。使う人次第でなんだっできる、無限の可能性を引き出したのだ。

時代が違えば詩人や絵描きや音楽家になってたであろう優秀な人材を集めてアップル社を立ち上げ時代の潮流を変えた。そうテクノロジーの革命を起こしたのだ。

今では当たり前になっているipodなんかも音楽との関わり方を変え、聞き方を変え、音楽業界さえも変えてしまった。

手のひらの中に収まるほどの大きさで数千曲を持ち歩けることは画期的な大発明だった。

彼はクリエイターであり、アーティストだった。

若かりし頃の彼は伸ばし放題の髭面でかなりヒッピーな風貌。 ホールアースカタログ(紙媒体のグーグルみたいな雑誌これもヒッピーのバイブル的な本)やBe Here Now(精神世界について書かれた本)を愛読し、インドを放浪したり日本のことも好きだったみたいで度々来日もしている。なので本編中も永平寺や日本の風景が出てくる。

アップル製品のシンプルで余計なものがない美しさは禅や日本の美意識からの影響を伺える。
また、禅や瞑想によって得られた意識の変容や広がり、つまり悟ったような状態を、パソコンを使って多くの人に体験させようとした。

ジョブスも公言している通り、若かりし頃の彼はドラッグにハマり、その体験が自分の人生を変える大きなキッカケになったそうで、カウンターカルチャーやドラッグ体験で得た感覚をPCで皆に体験させたいという衝動からの始まりだったそう。
60年代末期ドラッグや音楽や文学で人の意識を変えようとした(フラワームーブメントやビートニクスやヒッピー)人たちがいた。ジョブスもパソコンを使って人の意識を変えようとした。

彼はテクノロジーの世界を冒険し転がり続けた、そうまるでローリングストーンのように。

ジョブスがスピーチで引用したボブ・ディランの歌にThe Time They Are A-
Changinとある「時代は変わる」と、まさに彼はそれを体現してみせたのだ。

 

とまーこんな感じで書いてみたけど、好きな人にとっては興味深い楽しめる内容になっているので、時間がある時にでも見て観るといいですよ。。。

あとスティーブ・ジョブズ「伝説のスピーチ」として有名な
スタンフォード大学卒業生に送られた動画、響きます。

是非ぜひ見てみて

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です