雨に詠えば、


昨夜の新月で
また生まれ変わる
新しい始まりの月
今日はめでたい
光と闇と 生と死と
回転する循環の輪
太陽が昇って、落ちていく
月が満ちて、欠けていく
潮が満ちて、引いていく
命が生まれて、死んでいく
太古の昔から続く
終わりと始まり
外は雨 
カエルの願いが通じてか、
乾いた大地に恵の雨が降り注ぐ
雨粒が、屋根を叩く
原始のリズム
地球の涙かな
浄化の雨が降り注ぐ
汚れきった街を洗い流し
一粒一粒、天から大地に還っていく
地中を旅して、形を変え、姿を変え、
蒸気となってまた天に昇っていく
ゲロゲロゲロとカエルは喉を鳴らし、雨を喜ぶ
木々草花大地 潤う地球
水と緑の星
地球船宇宙号は今日もいく
雨だれが ビートを刻む
絶え間なく 命の水が降り注ぐ
汚れた空気を浄化しながら
雨上がりの夜空
生まれたばかりのお月様
澄んだ空気が包み込み
そこかしこに潤いが鎮座する

すっかりあたりは マイナスイオンで満ちている

みずみずしい空気
乾いた体にしみていく
鳥たちも 今日は羽を伸ばしてひと休み
虫たちも じっと雨が通り過ぎるのを待っているかのよう
歩き続けて疲れたのか 草に埋もれて寝ているみたい
一息ついて

森の中で雨宿り

木の葉に輝く水晶みたいな雨粒
森の奥からは鳥や虫たちの歌が聞こえる
涼しい風が通り過ぎていく
こんな雨降りの日は
みずみずしい命があふれている
風が雨を連れてやって来て
雨が風と去っていく、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です