究極の疲労回復と最高の覚醒をもたらす『スタンフォード式最高の睡眠』

今日は『睡眠』について書いてみます。巷で結構話題になっている『スタンフォード式最高の睡眠』という本の紹介です。


『睡眠についての基礎知識』
に始まり、睡眠の質を左右する『最高の90分を得る為のメソッド』。眠りに関する『体温と脳とスイッチ』について、『眠りの質を高める習慣術』や、突然襲ってくる『眠気との賢い闘い方』などなど、、、

科学的なエビデンスに基づいた、最高の睡眠を得るための方法が書かれています。

 今回はざっくり本について書いてみるので詳しく知りたい方は読んでみてくださいね。

『人生の三分の一は寝て過ごす』


よくよく考えてみるとなんと『人生の3分の1は寝て過ごす』んです。そんな貴重な時間を最高にする為に、世界一の睡眠研究所があるスタンフォードから出版された本を読んでみた。「しっかり寝たのに疲れがとれない方」「睡眠について問題を抱えている方」は是非ご一読あれ。


睡眠は量より質


睡眠時間は長すぎてもかえって体に悪い。量より質が大事なんです。

では、最高の睡眠とは何だろう?

それは、脳、体、精神を最高のコンディションに整える、究極的に質が高まった睡眠を言うそうです。本書ではそんな最高の睡眠を手に入れるための方法が書かれています。


最初の90分がカギ


睡眠の質は、眠り始めの90分で決まります。最初の90分をしっかり深く眠る事が出来れば、最高の睡眠がとれるそうです。

これ重要!

『睡眠負債』あなたは大丈夫?


昨年の流行語大賞でも取り上げられた『睡眠負債』。それは知らず知らずたまっていくもの。

特に日本人は、睡眠負債を抱える睡眠不足症候群の人が外国の人と比べても多いというデータもある。現に最近は睡眠に関する問題を抱えた方が多いそうで、都内の睡眠クリニックを訪れる患者は後を絶たず繁盛しているそうだ。テレビや雑誌でも睡眠についての番組や特集などもよく目にする。それだけ日本人の関心が睡眠に集まっていて、よく眠れていない人が多いのだろう。

御多分に洩れず僕もそうだから本書を読んだのだが、、、

「寝ていてもなんだか疲れが抜けない」「寝ていても急な睡魔に襲われる時がある」

それは一体何故?ナゼ?何で?

またごく稀に、ナポレオンのように短時間睡眠でも全然平気な人もいるそうだが統計的にはやはり、短時間睡眠の人は短命な人が多いそうだ。

レム睡眠・ノンレム睡眠


「レム睡眠・ノンレム睡眠」この言葉は多くの人が聞いた事があるだろうが知らない人のために一応書いておく。

『レム睡眠は脳は起きていて体は眠っている状態』それに対して、『ノンレム睡眠は脳も体も眠っている状態』を言います。

睡眠中はこの状態の繰り返しです。

最初に訪れるノンレム睡眠をいかに深くするかが最高の睡眠をとるために重要だそうです。最初の90分が眠りのゴールデンタイムといわれていて、成長ホルモンがもっとも多く分泌されるのです。それは細胞の増殖や、正常な代謝を促進させる働きがあるそうです。

また睡眠時間は最低でも6時間は寝むるのがいいそうです。

自律神経と睡眠の関係


人間の体には、意思とは関係なく自律神経が常に動いている。体温を維持し、心臓を動かし、呼吸し、消化し、ホルモンや代謝を調整するのが自律神経だ。

自律神経は、活動モードの交感神経と、リラックスモードの副交感神経がある。

日中は交感神経、ノンレム睡眠や食後は副交感神経が優位だ。

睡眠中は、脳と体に休息を与え、記憶を整理し定着させる、ホルモンバランスの調整をしたり、免疫力を高めたり、脳の老廃物をとる効果がある。

夢はたくさん見た方が良い


夜、私達は常に夢の中にいるのだ。

起きた時覚えている夢は、通常目が覚める直前に見ていた夢である。夢の内容は、レム睡眠はストーリーがあって実体験に近い夢、ノンレム睡眠は抽象的で辻褄が合わない夢が多い。レム睡眠とノンレム睡眠が入れ替わるごとに、夢も入れ替わっている。覚醒直前のレム睡眠時にみる夢はには、起きる準備という役割がある。

口呼吸は睡眠の質を下げる


鼻で吸って鼻で吐く、腹式呼吸が習慣になれば、睡眠中も口呼吸で眠らずすみ、いびきも解消するだろう。

個人的に「腹式呼吸」についてはきちんと習得しなければと思っております。友人曰く、疲れている時、酔っぱらった時の僕のいびきが酷いらしく迷惑をかけているそうです(笑い)(すいません・気をつけます(^_^;))また寝ている時に無呼吸症候群になる事があるそうで心配されましたので「腹式呼吸」マスターしたいところですね。


最後に


導入部分だけをかなりざっくりと書きましたが、詳しく知りたい方は買ってみてね。『睡眠負債』や『眠り』に対して何か問題を抱えているのなら一度読んでみるといいですよ。 

結構前に読んだんですが眠りの質がいい時と悪い時があるので再度読み直したので書いてみました。話題沸騰中の本で、売れてるみたいなのでそれだけ人々の関心が睡眠に集まっていると言う事なんですね。

夜な夜な訪れる人生の三分の一の睡眠の時間が、残りの三分の二の人生をより良いものにします。良質な睡眠を手に入れて是非素晴らしい人生を送ってください。ではでは