『最近話題のマインドフルネス瞑想って一体何なの?』と思ってる人必見。暮らしの中での実践的な瞑想のお話し。


今日は、マインドフルネスについて描かれた映画の紹介です。『ティク・ナット・ハン』、彼はダライ・ラマ14世と並ぶ平和活動家であり、世界中にマインドフルネスを広めている伝道師なんです。そんなマスターのお話し。

最近話題のマインドフルネス瞑想。雑誌やテレビで言葉はよく見るけど、形もなく実態もつかめません。言葉だけが一人歩きして、何のことだかさっぱりよくわかりません。

本作はそんな疑問を視覚的に、意識的に解決してくれる映画です。

興味深い内容だったので忘れないうちに書き留めておきます。


WALK WITH ME


一言で言えば、見る瞑想のような映画でした

静かな静かな、噛みしめるほどに味わい深い洞察に満ちた作品なんです。生きること全てが深い瞑想の様に、生の一瞬一瞬をゆっくり味わいながら生きる様子がありありと描かれています。

人によってはちょっとストイックすぎると感じるかもしれません。なにせ全員坊主で修行僧だから。。。だけど、日々の暮らしで心ここにあらずな時には、この映画の言葉を思いだしてみるといいでしょう。ちょっとしたキッカケが、意識を『今ここ』に戻すヒントになると思いますよ。

語弊を恐れずに個人的な見解を書いておくと、、、

別にマインドフルネス瞑想をするために、頭を丸めて御仏の道に進まなければいけないというわけではありません。この作品では、解脱の為か、仏門に入る方の様子を撮っているが、もっと簡単に日々の心がけ次第で誰でも瞑想はできると思いますよ。個人的にはそう思うんです。


そもそもマインドフルネスとは???


映画の中で、マインドフルネス瞑想の核心を突いた印象的な言葉があったのでここに書いておきますね。

導師曰く、

『マインドフルネスとは今この瞬間に辿り着く為にある。

僕らは急ぎすぎている。何かを常に探し求めている。追い求めすぎている。でも、辿り着けていない。

『幸せになる何かを』わたし達は探し求めてばかりいる。。

でも、、
あらゆる生命の奇跡は今この瞬間だけにあるのです。

今この瞬間の奇跡に辿り着く為にマインドフルネスはある。

過去はすでに過ぎ去り、未来は未だ来ていない。あるのは今ここだけなのです

マインドフルネスのお陰で今ここに立ち戻る事が出来るのです。そして、深く生きる術を学びましょう。

人生を無駄にしないために』

 


映画の内容は、言葉では上手く伝えられません(^_^;)


映画は、遠い意識の奥の方にある穏やかな涅槃のような、春の柔らかい日差しを受けてゆらゆら煌めくお花畑のような心象風景が広がっています。

小鳥のさえずりや、そよぐ風、木漏れ日や、揺れる蝋燭の灯り。無駄なく無理なく、ただ今ここに、在る。そんな感じの映像。

って、よく分からんですよね。言葉では伝えずらいので、気になったら観てね。

僕の筆力の無さもあり、ここで本作のストーリーや描写を、書いたところでやっぱりこの映画の本質は何も伝える事が出来きません。

だから、結局どうしてもポエムのような、抽象的な表現に落ち着いてしまう。
ま、百聞は一見にしかず、観ればきっと腑に落ちる事でしょう。

 


まとめ


僕もヨガをやってみたり、本を読んでみたり、座禅を組んでみたり、試しに色々とやってみるもののマインドフルネスについて上手く説明できない。けど、何となく体感的に『いいもの』って事だけはわかっている。やると調子いいし、気分もすごく落ち着く。

マインドフルネス瞑想、やる前とやった後では気持ちの在りようが全く違うんです。頭がスッキリするし、結局物事はシンプルって事に気付かせてくれる。

物事を難しくしているのは、結局自分自身って事に気ずかせてくれるんです。とは、言っても問題真っ只中の時は周りが見えなくなってどうしようもない時も多々あるんですが。。。(^_^;)まーまだまだ修行が足りないって事なんですね。

 

興味がある人は是非観てみてください。怒りも憂いもない、静かなさざ波のような映画ですよ。
悟りとは何なのか?形があってないようなものを、肚で分かるように説明されてます。

呼吸を整えながら、頭ではなく、心でもなく、おへそのちょっと下の方にある丹田に意識を集中して観てみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です