沖縄漫遊記#8 世界遺産今帰仁城から本島北部やんばるの森を巡る旅


世界遺産今帰仁城へ


最終日はいつもより少し早起きして早めに動き出します。まずは世界遺産にもなっている今帰仁城跡地を目指します。

時代を超えても尚残る今帰仁城を後にし西海岸を北上しやんばるの森へ向かいます。帰りは東海岸から南下し那覇空港を目指すという行程。


やんばるの森へ


西海岸をひたすら北上します。最終日にしてやっと雲の切れ目から太陽が覗きます。日が照り出すとやはりそこは沖縄、一気に海の青さが際立ちます。

晴れるともう南国ムード全開でトロピカルな雰囲気が漂います。やはり沖縄は楽園ですね。


国頭村を西から東に国道2号線を横断します。この辺りの森は独自の生態系や植生を持ち亜熱帯の森が広がっています。まるでブロッコリーのようなイタジイの木が密集して生い茂る様は圧巻です。

車で森の中を走っているだけで気持ちのいいエリアです。今度来た時は森の中を歩いて散策したいですね。せっかく北部まで来たならば一見の価値アリの森が迎え入れてくれます。


手前に植えられているのはパイナップルです。


名護市大浦地区を散策



高江から南下しながら道の駅「わんさか大浦パーク」で小休止。すぐ近くに小さな村があったので大浦地区を散策。湾にかかった道を歩いてマングローブの森へ
  
マングローブの森を抜け、小さな村の日常を巡る
  

この地区のご神木か?村内に巨大なガジュマルの木がいらしゃ居ました。神宿る木またの名を『キジムナー』と言います


ヘリパッド・基地問題に揺れている高江、辺野古を通過して空港へ


今回改めてドライブしてみると米軍基地の多さと敷地の広さに驚かされる。

至る所に基地や関連施設があるし未だ多くの問題が現在進行形で進んでいる様子を目の当たりにした。

高江ではヘリパッド問題があり、名護市辺野古には新基地問題が大きく横たわっている。

 

今まさに稀少なサンゴの生息地を埋め立て新基地を建設しようとする動きがありますが、住民や有志の反対運動で今揺れに揺れているところです。基地予定地の入り口ゲート前には大勢の機動隊員隊。

道を挟んだ対岸には反対派の方々がテントを張って声をあげています。平和の願いや新基地に反対するノボリや横断幕、プラカードを持って日々せめぎ合いが続いています。

   

詳細を論じるほど事情に精通しているわけではありませんので、ここでは見たことしか書きません。ただニュースや新聞、テレビでは連日報道されていますが内地に住む僕らにはあまり現実味のない話。実際に現場の物々しい雰囲気を見てしまうととても複雑な気持ちになりました。

僕らの知らないところで毎日こんな事が行われているなんて胸が痛くなりました。根は深いし、日本の縮図を見たような気分になりました。再度自分の国のことを考えさせられました。


空港を目指し、帰路に着く


改めて思ったんですが沖縄はどこを走っていても楽しいです。外国みたいです。フォトジェニックな場所はたくさんあるので是非カメラ持参で行かれるといいでしょう。家に帰った後写真を見返すのもまた楽しいですからね。


最後の最後にまさかのトラブル発生!?『え???もしかして帰れない』


たっぷり楽しんだし、頼まれていたお土産も買い込みさあ後は帰るだけ。。。

だったのですが、、、

最後の最後でトラブル発生。バスに乗ってピーチのチェックインカウンターへ行き発券する機械にQRコードをかざしてもチケットが出てこない。何度やっても出てこない。。。

んんん???なんで???すぐそばに居た係のネエチャンに「券が出ないんですけどなんですかね?」と話しかけると、「チェックインはもう終わりました。搭乗20分までに来て頂けないと飛行機には乗れません」と一蹴。『え!え!え!?マジ??』(汗、汗、汗、(^_^;)、(^_^;)、(^_^;))

時計を見ると5分ほど過ぎて居た。やべえ、、、だが、受付カウンターには人いるし、荷物検査場にも人はいる、しかも帰りのピーチは毎回20分ほど遅れて出発するし、なんとかなるだろうとタカをくくって居た。前にも他の航空会社で遅れたことあったけど少しくらいなら乗せてくれたし、お願いしてみる。『お願いします、乗せてください。これに乗らないと帰れないし、明日仕事あるんで確実に帰らないといけないんですよ。お願いしますよ』

だがしかし!!!何度頼んでも頑として譲らない。『無理DEATH』『無理なものは無理 DEATH』友人と何度頼んでも聞き入れてくれない。毅然とした態度で1ミリも譲る気はなさそうだ。。。

んーー・・・参った、マジでやべえ!!なんとかしないと。今日中に帰らないと。。

友人とバスに飛び乗り、LCC搭乗口から国内線乗り場に戻る。何とか今日中に帰れる飛行機を探す。最後の最後に脳内はフル稼働(~_~;)。スカイマークならまだ飛んでるという情報を聞いたので空席があるか携帯で確認。『残りわずか』だが何とか乗れそう。ただ、出発まで時間がない。事は一刻を争う。バスがついた瞬間大急ぎでスカイマークのチェックインカウンターを目指す。JAL,ANAに比べスカイマークは一番奥のカウンターにあるんです。空港の一番端っこ。遠いんです。

久しぶりに空港内を猛ダッシュ。とにかく大急ぎで走る。走る。汗だくで走る。もう何年も空港でこんなに慌てた事はないなというくらい必死で走る。

息も切れ切れでカウンターに到着、チケットを購入可能か聞くと何とかOK.。金額は20000円。ピーチ往復11000円なのにほぼ倍じゃん!?当日なんで結構高い。だけど、帰れるなら問題ない。余分な出費だったが、無事に事故怪我なく家に帰りつけたという事で良しとしよう。最後にこんなハプニングに見舞われおっさん旅は珍道中のうちに帰路についたのでした。めでたしめでたし。


今後はくれぐれも飛行機に乗る際は余裕を持って行動しよう


空港には1時間前にはついて居たのに、余裕ブッこいて居て痛い目に合ったな。まー僕らが悪いんだけど。(と前置きしながらも)LCCターミナル行きのバスは乗ってちょっと待たされるし、カウンターまで数分バスに揺られなければならない。それを差し引けば間に合って居たはずだったし大目に見てくれても良かったんじゃないの!?と少し思ったが、やはり格安航空会社なんで融通は利かないよね。いい勉強になりました。

LCCはチェックインカウンターまで空港内をバスで移動したりしないといけないから次からはもっと早め早めの行動を心掛けたい。もしくは、僕ももう四十路だし、そろそろ貧乏旅行は卒業してもう少し快適な旅にアップグレードしようかなと思った次第でした(笑)

いい教訓を頂きつつ、終わり良ければ全て良しって事で今回の沖縄漫遊記も最高の旅になりました。帰ってきて早々なんですが早速また行きたくなりました。沖縄にはそう思わせる魅力が沢山あるんです。本島に素敵な場所なんです。行けばきっとわかりますよ。何度も行きたくなるこの気持ちの訳がね(笑)。。。

旅のお供に梅肉エキス。パッキングに圧縮袋。そして移動中飛行機内でもマスク。今回旅後半喉を痛め、マスクは重宝しました。念の為に荷物に仕込んでおくといざって時は重宝しますよ。

初心者にオススメの『男のヨガ』ゆるがない体と心のつくりかた


タイトルに「男のヨガ」とありますが男女問わずオススメの本ですよ


今日も本の紹介です。

最近だんだんとヨガや瞑想が生活の一部になってきて調子も上向いてきた今日この頃です。そこで僕のような『初心者』『素人』『気楽に取り入れたい人』『カジュアルにやりたい人』向けに本読んでも簡単に始めれるヨガ本を紹介します。


テレビの力はやはり恐ろしく、、、この頃『ヨガや瞑想』というと、、、
「片岡鶴太郎目指してんの???」とかよく言われるんですがあそこまでストイックにはやってませんし(やれませんし)、もっと気軽にラジオ体操のような感覚でやっています。時間にして一日5分〜10分程度(1日3分でもいい)ですが毎日取り組んでいます。休みの日なんかは体のチューニングも兼ねて、玄関前の草っ原にマット敷いてパンツ一丁で30分〜1時間くらいやったりもしますけどね(笑)

とは言っても僕は修行僧でもないし、ズボラで飽きっぽいんでゆる〜くやってますよ。今流行りですし、やるといいのでオススメですよ。あくまで自分の「気持ちいい」「楽しい」と感じるラインでやりましょうね。人の言うことなんかどうでもいいので、気にせず、自分とよりよく向き合えるスタンスが大事ですからね〜。

マットがあればどこでもヨガできる。一番は誰に聞いてもやっぱりマンドウカ。プロ仕様の一生物。耐久性もあるそうだ。スタジオで使わせてもらうと確かにいい、けどやや高い。。。僕は1500円ぐらいの安物を使っていたんだが、滑るしやりづらく、耐久性もなく、外でも使うからもうボロボロ。なのでワンランクアップでヨガワークスのマットを新調。このまま続けれるなら後々マンドウカを購入する予定だ。


ゆるがない体と心のつくりかた


『ゆるがない体と心のつくりかた』いいタイトルですね。

現代社会はかつてないほどの情報量と進化のスピードですから、めまぐるしい変化の大渦に飲み込まれそうになることがありますよね。ついつい体と心がちぐはぐになってしまったり。。。

そんなことありません?皆さんはどうですか??

僕なんかは物事の変わりゆく状況についていけなくなる事が多々あります。本来ならば最先端の素晴らしい技術であるはずのSNSやインターネットも付き合い方や使い方を間違うと毒にもなりえますしね。バランスを取ることや時代の変化のスピードにうまくついていけず困惑することもしばしばです。

歴史を振り返っても人類史始まって以来の大変革の時をまさに迎えているのが近年の状況だと思います。

そのような変容の時代で、周りが見えなくなることは誰しもあるはずです。体の感覚や心の有り様を見失い今どこにいてどこへ向かっているのかわからなくなる人も多いのが現代です。

そこで今、遥か数千年前にインドで編み出され体と心の最強のエクササイズとして注目を集めているのが『ヨガ』です。

もし、あなたが体や心に何かしらの不調を抱えているとしたら迷わずに、まずは軽い気持ちでヨガを試してみるといいでしょう。また仮に自覚症状がないとしたら自分の体と向き合っていないからかもしれません。

無数に垂れ流される情報や電波や汚染された環境で生きている訳ですから気づかぬうちに少しづつ犯されているかもしれません。大変な事になる前に予防医学的にやってみてはいかがでしょう。


「体がカタい」「飽きっぽい」そんな人のためのヨガの教本


フルカラーで全編写真付きでポーズの解説がしてあり初心者にもかなり分かりやすい内容になってます。

QRコード付きで、いつでもスマホで動画を観れて動きの流れを確認できるのもありがたいですね。モデルは2014年Best of Yogi受賞の更科有哉さん。余計なものをそぎ落としたような肉体はしなやかで無駄がない。男の僕が見ても体の線がキレイだなあと思います。まさに見本にはうってつけの存在。ポーズがすごくキレイで参考になります。


ヨガのシークエンスが満載


表紙をめくった1ページ目がいきなりありえないポーズでビックリ。体がどうなったらこんな形になるの??と首を傾げてしまうほどの柔らかさ。

とはいえそれ以降は初心者向きの簡単な基本のシークエンス(太陽礼拝)から、そこからもう一段階ステップアップしたアシュタンガヨガの基本までを網羅。別にヨギーになるわけでもなく、体と心の健康のために取り入れるのであればこれ一冊で十分楽しめる内容になっている。

(残念ながらアマゾン品切れ中。欲しい方は書店で探してみてね。)


ヨガの基本は瞑想と呼吸


ヨガの基本は瞑想と呼吸にある。本書ではそのやり方が基本的なことから解説されている。

『幸せの対象はどこにある??』のかを知る。自分を見失わないために瞑想はある。ポーズの実践は「瞑想」できる体を作るためにある。
呼吸が整えば、考えも整う。ゆとりから心の成長が始まるのです。

因みに僕もまだ体得できていません。わたくしは未熟なため今これらを習得すべく日々研鑽しているのであります。。。


男性(女性にも)にヨガをすすめる7つの理由


自身もヨガ歴30年で岩手医科大学教授でもある駒野宏人教授が科学的な見地から効果を解説。


睡眠の質が上がる


初日から実感できるのは睡眠の質が上がること。やってみると実に顕著にあらわれる。ヨガのクラスを受けた後などは眠りも深く、何より朝の目覚めが爽快なのでです。

また翌日の仕事に対する集中力や創造性も高まるのです。


ストレスが解消され心が整う


ヨガを行うと副交感神経優位の状態になり、乱れた自律神経が次第に整っていきます。また脳からはリラックス時にでるエンドルフィンが分泌されるのです。

エンドルフィンとは多幸感をもたらすといわれる神経伝達物質で、これが正常に放出されると、毎日のストレスで歪んだ心も整っていきます。


やる気が出て、集中力が増す


やる気を出す男性ホルモン「テストロン」が増加。

自身のないときや、やる気の沸かない日に、気持ちを自力で整えるのはなかなか難しいです。そんな時はヨガをやり体からアプローチするのが有効です。


身体感覚への気づきを通して決断力が増す


ヨガが習慣化すると的確で素早い決断力が身につきます。ヨガを行うことは常に体の声に耳を傾けること。

体の声を聞き取る精度が上がれば、決断が早まる、正しい選択ができる、トラブルが打開できる、先回りしてミスの予防ができる等もできます。


姿勢が良くなり、自信が増す


背筋が伸びた、しなやかな体になる。

ヨガのポーズとは、背骨をきちんと立てた姿勢で座を組むために行うものです。姿勢の要でもある背骨を立てるポーズを継続的に練習するうちに、背骨を支える筋肉がついたり、背骨の歪みが解消されるなどの効果も期待できます。


老化の速度が抑制される


若返り酵素「テロメラーゼ」が、瞑想で活性化される。

遺伝子の末端部分にある「テロメア」。「テロメア」がある程度以上短くなると、細胞分裂が止まり、老化が始まります。

しかし、驚くことに瞑想をするとテロメアを伸ばすための酵素「テロメラーゼ」が活性化することが近年判明しました。これは瞑想によってテロメアが伸びることを示しています!


仕事のパフォーマンスが向上


平常心で居られるメンタルが身につく


まとめ


こうやって書いてみるといいことずくしですね。では、実際に僕ができているのかというとそうではありません。なので、あまり偉そうなことは言えません。今は毎日楽しく実践しているだけです。ただ、『ヨガをすすめる7つの理由』で挙げたような効果が実際あると科学的にも証明されていますのでやったほうがいいに決まってますよね。

一昔前までは瞑想やヨガは胡散臭いものでした。「怪しい」の一言で片付けられ白い目で見られるものでした。だけど、やっと!(笑)時代が変わりました。老若男女万人がやるべき素晴らしいものだという風に考えが改められ、スタジオがどんどん増え、企業でも取り入れられるようになってきました。

それほど昨今の混迷の時代には必要不可欠なものになりつつあるということなのです。なので、迷うことなかれですよ。悩むくらいならとりあえずやってみましょうよ。

『コツは、気楽にやり続けることですよ』(笑)

ENJOY!!!


LIGHT ON YOGA NADA



僕のオススメの瞑想&ヨガの CDです。ヨガのクラスでかかっていて気になっていたので教えてもらいました。買ってしばらくたちますが毎日聞いています。朝の始まりには3、4、5曲目あたりを、寝る前は6、7、8曲あたりを、瞑想時ヨガ時運転中作業中は通しで聴いてひたすらループ(笑)

インド音楽ですが、歌もなく複雑なメロディーもなく、意識を引っ張られることなく自己の深淵へと歩んでいけるのでかなりオススメです。絶賛ヘビープレー中です。

超簡単!すぐに始められる腸のコンディショ二ングのススメ

今日も本の紹介。というか、自分が読んだ本の内容を忘れないためにもアウトプットでっす(笑)後で見返して内容の確認にもなるので。はい。

 

(本書は入門的にわかりやすく簡潔に書かれているので、すでに腸について詳しく、ある程度の知見をお持ちの方には物足りない内容かもしれませんのであしからず)


ビジネスアスリートのための腸コンディショニング 


前回に引き続きパーソナルトレーナーの竹下雄真さんが書かれた本。プロのトップアスリートの体と心のケアを指導するトレーナーである氏が何故に腸に着目したのか??

腸を整えることによってどのような変化が起こるのか?

その秘密が本書には書かれています。

忙しい人でも今すぐ始められるように、平日仕事しながらでも簡単にできるようにいくつかの腸のコンディショントレーニングの方法が、『運動』『食事』『メンタル』の観点からなるプログラム付きで解説されています。

どれも簡単なものばかりなので読んだ後できそうなものだけでいいので試しにやってみるといいでしょう。

因みに本大好き、好奇心旺盛でオタクな僕は読んだらまずは実践してみる。いいものは続けているし、しっくりこなかったらすぐ飽きるしの繰り返しなのでございます。

僕がやっているのは朝の目覚めのヨガや寝る前のヨガ(1日3分でいい)、朝食は豆乳ヨーグルト&バナナ、瞑想&呼吸法はここ最近の日課です。お陰で腸の調子が超いい!んです。

なので、本書の内容を掻い摘んで簡単にまとめておきますね。


腸の中はどうなってるの??


腸内には数兆から10兆もの腸内細菌が互いに影響を与えながら、『腸内フローラ』と呼ばれるお花畑のような生態系を形ずくっています。
その腸内フローラは多様性とバランスが大事だと言われています。
最近の研究で分かったことは、たくさんの菌がお互いに助け合いながら、共存している状態がいいのだそうです。

まるで自然界の生態系のように。


腸内細菌も人間関係もバランスが大事


腸内細菌のバランスについて考えるとき、善玉菌、悪玉菌の存在が出てきます。一見、悪玉菌(大腸菌、ウェルシュ菌たち)を退治して善玉菌(ビフィズス菌、ラクトバチルス菌たち)だけにすればいいんじゃないかと思いがちですが、そうも簡単なことではないのです。

先ほども書いたように腸内は自然界と同じなのです。猛獣も草食動物も両方必要ですし、草花などあらゆる植物、微生物に至るまで、すべてのものがバランスよく存在しなければ自然界の生命の営みはというものは潰えてしまうのです。

なので、いい状態というのは善玉菌も悪玉菌もバランスよく腸内に存在していることが大切なのです。

人間も偏に善人、悪人の両極に分けることはできません。皆両方の顔を持っています。人間関係においても集団の中でも悪人だと言われる人がいることによってうまく機能することもあります。どちらか一方だけに偏ると間違うこともありますから何事もバランスが肝心だということですね。

そう考えると腸内も人間関係も自然の営みも皆似ていますよね。


企業も腸内フローラもダイバーシティー(多様性)の時代


先ほどから書いているように「善玉菌だけいればいい」「悪玉菌は一掃した方がいい」訳ではなく、腸内フローラにとってはたくさんの菌が存在していること、つまりダイバーシティー(多様性)が確保されていることが非常に重要なのです。

お互いに影響を与えあっていることでいい相乗効果を生み出すのです。

これは企業にも社会にも当てはまる考え方だと思います。性別、国籍、年齢、性格、などあらゆる個性が生かされて、持ち味を発揮できる状態であることが大切なのです。


幸せホルモン『セロトニン』も腸で作られる


セロトニンは心身のコントロールする働きをします。トラブルが起きた時、怒りに任せて怒鳴ってしまうのこともなく、絶望してやる気を失ったりすることもなく、クールな頭で冷静な判断を下せるのはセロトニンの効果なのです。トップアスリートが、極限まで集中力が高まり『ゾーンに入る』と表現しますが、この集中状態に欠かせないのがセロトニンと言われています。

このように幸せホルモン『セロトニン』を作り出しているのが腸なのです。

また睡眠ホルモンと言われている『メラトニン』を腸内で作り出す上で欠かせないのも『セロトニン』なのです。セロトニンは睡眠でも大きな役割を担っています。


トップアスリートの腸内細菌はおしなべて多様性がある


大舞台でプレッシャーをものともせず活躍するトップアスリートの腸内細菌を調べてみたところ、おしなべて多様性があり、バランスが良いということが分かったそうだ。
彼らのハイパフォーマンスを支えている要因のひとつは、やはり腸だったのです。
運動で血流を良くしたり自律神経を整えることで、腸内細菌がつくり出したホルモンを全身に運ぶ。
ストレスがあると腸の動きが悪くなるので、メンタルを安定させることも大切です。

また、良質な食事は、腸内細菌たちの餌になります。
つまり、この3本柱は相関関係にあるのです。


腸が変われば、必ずフィジカル、メンタルともに変わる


このように考えると、体と心は密接にリンクしていて、腸がその結び目の役割を果たしていることが分かります。
心を変えようとせずに、体だけを変えようとすること。体を変えようとせずに、心だけを変えようとすること。
それでは、一時的に変わったように見えても、すぐに元に戻ってしまいます。
元に戻ってしまうのは、あなたの努力や能力が足りないわけではありません。アプローチする対象が違っているだけなのです。
腸が変われば、必ずフィジカル、メンタルともに変わります。
腸コンディショニングで、結果を出せるフィジカルとメンタルを手に入れてください。
腸が変わったときに、まだ見たことのない自分に出会えるのです。

デジタルデトックスのススメ


気づいたらスマホから流れるゴシップや不必要な情報、他人の SNSを眺めていて、自己嫌悪に陥ることはありませんか???

僕はたまに吐き気を覚えることもありますが、、、

『情報過多は単なるノイズ』、過剰な情報はストレスになり、自律神経を乱します。たまには『デジタルデトックス』にトライしてみましょう。

スマホの不要なアイコンは消去したり、(仕事もありますから)最低限のメールチェック以外はスマホ断ちをしてみるなど、やってみると効果てきめんですよ。

デジテルデトックスは心のリラックス、腸内環境の改善につながり、それがさらにクリアな脳を作るという良い好循環を生み出しますよ。


人間関係もデットクス


「情報過多は単なるノイズ」です。これは人間関係にも当てはまります。付き合いで参加する交流会やパーティー、意味を見出せないグループでの交際、 SNSで垂れ流される情報、などは周囲の基準に振り回せれるストレスになることが多々あります。

食事も、情報も、人間関係も不必要なものを取り込みすぎるとオーバーフローになります。不必要な人間関係はストレスとなって自律神経を見出し、腸内環境を悪化させます。

なので、思い切って人間関係のデトックスに踏み切ってください。

因みに僕は今、行きたい時にしか行きたいとこにしか行きませんし、会いたい時に会いたい人としか会いません。八方美人はやめましたし、無駄な付き合いの類は一切行きません。そうすると、心も体もすごく楽になりました。

時には決断することも大事ですね。


腸とメンタルを整える瞑想のススメ


「瞑想」は腸にも効くんです。スティーブジョブズ、ジョコビッチ、ジョーダン、グーグルや世界規模の企業など今や瞑想は常識になりつつあります。

瞑想によって、腸内環境を整え、セロトニンを出し、「フロー」状態に入り、高い集中力を保ち、直感が働き、的確な判断やクリエイティブな発想ができるようになるのです。

こうやって挙げてみると良いことずくしですね。

瞑想をするときは深い腹式呼吸をし、副交感神経を高めるのです。腸はストレスに弱い臓器。瞑想でセロトニンを分泌し良い腸内環境を保つことができるのです。

本書で瞑想のやり方も掲載されているので是非取り入れてみましょう。


腸が喜ぶ食事を摂ろう


食事(インプット)の前にまずは運動でアウトプット。食事で善玉菌の大好物である食物繊維をたっぷりと摂ろう。

食事は撮る時間も大切で就寝の3時間前までには食事を済ませよう。1日3食無理して食べるよりも、時には胃腸を休ませる時間も作ってあげよう。

今流行りのスムジーには要注意。本来サラダにするとそれなりの量がある野菜をコップ一杯にし、咀嚼せずごくごくと飲み込んでいるわけですから胃腸への負担は相当のもの。唾液もうまく分泌されないこともあり、せっかくの栄養素も吸収されにくいと言われています。嗜好品として飲む場合は一気飲みをしないこと。また冷たい状態で飲むと体を中から冷やしてしまいますので、飲まれる場合は温度に気をつけましょう。

お酒とタバコの取りすぎには要注意!DEATHよ


キレートフード(有害物質を退治してくれる食物)


パクチー(血管が柔らかくなりアンティエイジング効果もあり)、ネギや玉ねぎ(お酒を飲む人には欠かせません)(肝臓に溜まった毒素を出す効果あり)、にんにく(元気の源)


善玉菌の大好物


善玉菌の大好物は、食物繊維、発酵食品、オリゴ糖。ゴボウ、納豆、オクラは必須。便通を整えてくれる。

ぬか漬け、味噌、納豆は毎日欠かさずに。ヨーグルト、チーズ、キムチ、ピクルス、麹菌、醤油などなどの発酵食品。砂糖は白砂糖ではなく、善玉菌の餌になるオリゴ糖がおすすめ。


『空腹』が心身を研ぎ澄ます


腸を休ませてパフォーマンスアップ。
食べたものを消化するには膨大なエネルギーが必要です。仕事に支障が出るときは昼食をたまに抜いてみるのも良いでしょう。

腸を休ませるという観点からも1日のうちに空腹の時間を作ることをオススメします。


まとめ


はい、ざっとまとめてみたつもりが長くなってしまいましたね。『食事』『運動』『瞑想』どれも簡単に今からでも始められるものばかりです。

僕もこの本を読んで腸にいい食べ物を摂るようになり、一日5分でもヨガや運動を行い、瞑想することが習慣化してきました。「やらなければ」という義務感にかられると楽しめませんし、逆にストレスとなり腸に良い影響を及ぼしません。

なので『基本はゆるく』です。やりたい時にやる。忙しいときは休む。無理はしない。飽きたらやめる。楽しいからやる。楽しくなかったらやらない。というスタンスでやっています。やってみて感覚として『気持ちいいな』と感じれることだけ取り入れています。

やってみるとすごく調子がいいのでオススメなんですけどね。是非お試しあれ


PS;;

 LIGHT ON YOGA NADA



最後にヨガ、瞑想に腸オススメの音楽。いつでもどこでも絶賛ヘビープレー中っす。細菌こればっかり聴いてます。今もブログ書きながらずっと聴いてます。インドっぽい音ですが、作業用BGMにもいいですよ。

始めてみるといい事ばかりのヨガの習慣

 


今日は本の紹介です


ここ半年程、日々の生活にヨガが習慣化してきた。一日10分、少しずつだが毎日継続することでいい変化が生まれてきている。

ただ僕はヨガの専門家ではないから、うまく多くを語れない。だから今回は初歩的に分かりやすくカジュアルに書かれた本を紹介します。写真付きでポーズ(アーサナ)の解説もあり僕のような初心者にはわかりやすく書かれている本である。

今日紹介するのは男性向けのヨガについての本。巷では女性向けのヨガ書籍やDVDは多いけれど、男性目線で書かれたものはまだ少ない。

なので、今回は男性でも「ヨガやってみようかなあ」と思える本を紹介します。試しに読んでみて、日々のラジオ体操のような気楽な感じで生活に取り入れてみると何かしらの変化が起こるだろう。
(以下は本書から抜粋して書いている。続きが読みたい方は本を読んでみてください)



仰々しいタイトルだけど初心者には内容は分かりやすく良いです)


外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣


スティーブ・ジョブズが禅に傾倒していたのは有名な話だろう。ヨガにも興味を持ち、彼の愛読書は「あるヨギの自叙伝」だったという。
若い頃は部屋の天井裏に瞑想室を作り、毎日瞑想していたそうだ。

IT企業のメッカ、シリコンバレーでは一流企業がヨガを研修プログラムに取り入れているし、 アップルではヨガのクラスを社内で行なっていると聞く。グーグルではヨガの思想を取り入れたリーダーシッププログラムを開発し実行しているそうだ。

海外に目を向けてみれば、それくらいヨガが日常や仕事に浸透しだしている。


「ヨガ=女性・美容」と考えるのは日本だけ


アメリカのヨガ人口は男女合わせて2000万人以上で、実に15人に1人はヨガをやっている計算になる。世界には、日本でいうラジオ体操のような感覚でヨガに取り組んでいる人が多くいる。

欧米では男性がヨガをするのは珍しくもなんともない。普通の光景である。
早朝のヨガレッスンに参加した後、出勤するビジネスマンも多い。

とは言え日本では、まだ「ヨガ=女性・美容」というイメージが強い。なのでヨガのクラスを受けても女性の方が圧倒的に多い。

実際僕が始めて受けたヨガのレッスンは女性19人に対し男性は僕1人だけだった(^_^;)一瞬「ここは男子禁制なのか?」と錯覚したほどだった。緊張と気まずさが入り混じったようなはじまりだった。


本の内容は


ヨガに対して懐疑的な考え方を持っている方もいるため、まずはヨガの誤解を解くことにはじまる。

次にヨガとはなんなのかをザックリ解説。
それから現代人にとって、「何故ヨガが必要で有用なのか?」をあらゆる研究結果を交えて、医学的に説明されている。

さらに、ヨガで重要な「呼吸」と「姿勢」について。

そして、最後に簡単に始められる「これだけヨガ」を写真を交えて紹介。というう構成で本書は進んでいく。


ヨガとは?


ヨガとは、約4000年以上前にインドで生まれた「心の整理法」である。長い歴史の風雪に耐え、今なお世界中で行われいる「人類が生み出した最強のエクササイズ」である。

また「ヨガ」は、体と心を「結びつける」、散らばった思考や感情を「結びつける」という意味がある。
現代人は、本来一つであるはずの心と体がバラバラだ。情報であふれて、思考だけがどんどん先に進んでいってしまい、体がついてこない。

そんな人のためにも、再び心と体を一つに結びつけるためにもヨガが現代で必要とされているのだ。


姿勢・呼吸・瞑想


ヨガの三大要素は、姿勢(体・ポーズ)、呼吸、瞑想。体と心が本来のパワーを取り戻し、100パーセント機能するように調整していく。

体と心、どちらも整える。その両方のバランスが取れているのがヨガである。

また、
過剰ではなく、シンプルであること。「外面」よりも「内面」を鍛えること。

そんな事もヨガが教えてくれる。


大切なのは、難しく考えず楽しむこと


色々と書いているが、よく分からなければ飛ばし読みしてもらって構わない。

とりあえず、難しい話は置いといて楽しんで取り組んでほしい
Just Do It!!!やね


ヨガは人と比べるものではなく自分自身と向き合う為のもの


ヨガのクラスを受けていると、自分より体の柔らかい女性が多くいる。ポーズ(アーサナ)をやっていても、皆が出来ているのに自分だけうまく出来ない時もある。そんな時、なぜ出来ないのか悔しくなったり焦ったりすることもある。

だが、ヨガの本来目指すべきところは体の柔軟さや、人よりうまくポーズができている出来ていないではない。

ヨガは他人と比べるものではない。自分の気持ちいいいところでポーズを決めていくことに重きを置かれる。

よく言われるのが、
『ヨガは他人と比べるものではない。自分自身と向き合い、自分の体と内面を感じるもの』

僕はこの考え方はすごく好きで、人生においても仕事においても置き換えられる金言だと思う。


ヨガで幸せ物質「セロトニン」が増える


ヨガをやるとセロトニンが増えると言われている。

セロトニンとは「幸せ物質」とも呼ばれ、セロトニンが多いとポジティブで安定した状態になる。逆に、セロトニンが不足すると、切れやすくなり、気持ちが落ち込みやすくなったり、集中力が続かないなどの症状が出る。


ヨガの効果


ヨガは緊張や不安にも効果的である。「意思を強くする」といった心をタフにする効果もある。平常心を保つことで、あらゆる困難を乗り越えられる。
リラックスと集中を同時に実現できるのもヨガの良いところである。

ヨガの目指すところは体の健康だけでなく、心の健康にも良い。

ヨガは本来のあなたを取り戻すエクササイズだ。
「僕は体がカタいから、ちょっと、、、」ではなく、むしろ体がカタイ人ほどやるべきだ。


物を捨てる


ヨガは手放すことの大切さも教えてくれる。

執着を手放す。ものを減らす。頭の中にあるノイズや脂肪も捨てる。捨てれば捨てるほど楽になっていく。

ものも脂肪も頭の中のノイズも、時には情報や人間関係も捨てるのが本来の断捨離。何かを得る前に、まずは捨てる事。


ヨガは呼吸がすごく大事だ。呼吸とは、その字のごとく『吸う』を『呼び込む』こと。
なのでまずは、「吐く」ことが先。
吐いてから吸うわけで、今は出すことに重きをおく時代です。
ものを減らすことも重要で、ものを買う前にまず減らす。

先に出してから始めないと、ビジネスだろうが、ヨガだろうが、瞑想だろうが、体づくりだろうがあらゆることがうまくいかないんです。
なので、現代のライフスタイルで求められるのは、いかにものを捨てるかということ。


過剰な情報に振り回されない


テレビ・パソコン・スマホから垂れ流される情報。 SNSで嫌でも目に入ってくる知人友人の近況。気づけば競争に巻き込まれ、「このままでいいのか?」という焦りが生まれてくる。日々の生活でのしかかってくるプレッシャー等々。

余計な情報やネガティブな感情で溢れかえっているときに、いくら新しい情報を入れてもうまくいくはずはない。

まずは、心身を『リセットすること』で、自然に気持ちは良い方向にいくはずだ。


落ち込んでいる日、負けた日は何も考えずにヨガをやれ


何故かうまくいかない日、失敗してしまった日、どうにもやる気がでない日、生きて入ればそんな日もある。そんな時は、飲んで忘れたり、映画や本を読むののもいいが、一番はヨガだろう。

何も考えず、ゆっくりと呼吸してポーズをとる。それだけで心身がリセットできるのだ。ヨガで、自分の心と向き合い、強い自分も弱い自分もまるごと受け入れられるようになる。うまくいかないことも含め受け入れられる強さを持つことで、真の強さを持つことができるのだ。


呼吸は心のコントロール装置である


「息」という字は、「自ら」の「心」と書くように、心と呼吸はとても深い関係にある。呼吸が早い、呼吸が浅い、など呼吸に何かしらの問題があるとしたら、自分自身の土台が揺らいでいるということになる。ストレスが溜まった時は、まずは深呼吸だ。

深くゆくっりとした呼吸で脳に酸素を送ると「セロトニンは増える。メンタルが不調の時は呼吸を変えてみてほしい。
幸せの脳内物質であるセロトニンを増やすには、腹式呼吸で深呼吸するといい。


朝1分『これだけヨガ』習慣を始めよう


巻末の太陽礼拝は、ヨガの基本中の基本の動き。1日の始まりにはうってつけの準備体操であるので是非生活の一部にすることをお勧めします。写真付きで解説してあるから分かりやすく、まずは試しにやってみてはいかがでしょう。更にYOUTUBEで動画も観るとよりやり方がわかるだろう。

以前の僕は、気が向いたときにやったり、しばらくやらない時期があったりとまちまちだったんですが、この本を読んでここ6ヵ月ほどは毎朝目覚めの準備体操として毎日欠かさずやっています。

太陽礼拝が生活の一部になってからというものすこぶる調子がいいんです。一日の始まりに太陽礼拝を取り入れることで、落ち着いた気持ちで日々の仕事に取り組めるし、前向きな思考で心も体も上向きになったのです。
是非太陽礼拝は男女問わず、取り入れる事を推奨します。

この本は初心者向けにポーズをより多くの写真を交えつつ解説してあり分かりやすい。アマゾン品切れなので本屋さんで探してみてください。


朝を変えることで1日が変わる。
1日が変わることで一生が変わる。


「朝✖ヨガ」はいいスパイラルに持っていく最高の習慣である。歯磨きをするようにヨガをする。自分の体を変えるのは自分しかいないのです。


最近は夜も寝る前のストレッチとして、ゆったりと体を伸ばすヨガを取り入れるようになったんですが、気づけばタバコもやめ、晩酌もしなくなり(必要ではなくなった)、眠りの質も高まり、朝の目覚めもスッキリになって体のキレが若い頃のように戻ってきて少し驚いています。


生き方をシンプルにして日常を輝かせよ


ヨガとは先人の知恵であり、哲学であり、生き方である。

身体の調子を上げたい人、仕事の質を高めたい人、クオリティーオブライフ(生活の質)を高めたい人は本書を読んでみてはどうだろう。


私の毎朝のルーティーン


朝起きて、歯磨きをする。たっぷり白湯を飲んで、ゆっくり深呼吸しながら、コーヒーを淹れる。

部屋中に広がるアロマの香り。コーヒーを軽くすすってヨガ。

準備体操の要領で「太陽礼拝」(ヨガの基本のポーズ)をする。時間にして5〜10分程度。呼吸を整えつつ、体を伸ばしていく。継続していくことが大切だから、無理なく楽しめる範囲でゆるくやっている。

最初の頃はやらない日もあったんだが、習慣化してくると今度はやらないと調子がでない。また、毎日やっていると「あ、今日腕があがらないなぁ」とか「体にハリがあるなあ」などその日のコンディションも分かってくる。1日朝晩の5分でも、毎日やっていると心と体がすごく調子いいんです。

僕も今日で四十路になりました。病気にならないように、心と体は整えて生きていかないとですからね。最近ヨガをやっています。


最後に


今回紹介した本はヨガを始めるキッカケになった本のうちの一冊です。もしあなたが体に不調を抱えていたり、何かしらの不安があるのなら、それを改善するヒントがひょっとしたらあるかもしれません。

気になる方はご一読あれ。。。ではでは、またまた

八女市星野村で行われた採燈大護摩供『火渡り』に行ってきた

2018年3月11日。東日本大震災から7年目のこの日、八女市星野村池の山にある麻生神社で執り行われた採燈大護摩供『火渡り』に行ってきました。


護摩とは?


密教の儀式で、元々はインドの祭祀。護摩の語源は、サンスクリット語のホーマから来た言葉で、梵焼や祀火の意味があるんだそう。

バラモン教やヒンドゥー教の儀礼で、供物を燃やして出た煙を天上の神に捧げて、祈願する祭式なのです。

 


野外での護摩法要


今回星野村で行われたのは野外法要。野外において修される伝統的な護摩法要を、採燈(さいとう)護摩というのです。

近年では、伝統的な本山派・当山派に属さない寺社や分派、独立した宗団などもあり、独自の方法と解釈により執り行われています。

護摩壇に火を点じ、火中に供物を投じ、ついで護摩木を投じて祈願するのです。

火は如来の真実の智慧の標示で火の中は清浄の場であると考え、供物は煩悩にたとえられています。火で焼く事でお浄めとして、無病息災を願い、悟りを開かんとする。そんな意味が込められているのです。

護摩木は、柔らかい木材を使用し、先祖の供養のために行うものと、願い事を書く祈願の護摩木の2種類があります。


火渡り



祈りを捧げ、護摩きを燃やした後は、護摩壇をバラしていきます。焼け落ちた灰やまだ赤々と燻る炭を大地に広げ祭壇に向かって道を作ります。

その赤黒く燃え尽きた道を裸足で歩いて、無病息災を祈願するのです。


3・11・ AM11・火渡り 麻生神社より始まる


それではここからは、火渡り当日の模様を書いていきます。

午前11時始まり。麻生神社へご挨拶をすませ鳥居をくぐり山伏装束に身を包んだ男たちが法螺貝を吹きながら護摩壇の方へと歩いていく。


護摩壇のある広場の入り口での山伏問答



法弓



点火



護摩壇に火がつけられるとモクモクと煙が立ちこめます。この日は春の訪れを告げるような快晴で、乾いた空気も手伝って勢いよく煙が広がります。

広場一面真っ白になるほどの煙で視界が遮られます。ここにいる全員が燻されています。


燃えさかる護摩壇に護摩木を投入


白煙が風に舞って、天上へと昇っていきます。組み木を覆っていた檜葉が焼け落ちた跡からは、今度は燃えさかる炎が現れます。火中に皆が思い思いに書いた護摩木をどんどんと投入していきます。真っ赤に燃える炎の熱気に少したじろぎます。あまりの熱量に額からは汗が出てきます。

祭りのボルテージもどんどん上がっていきます。

一心不乱に法螺貝を吹き、般若心経(マントラ)を唱え一種のトランス状態へと昇華していきます。


燃やし終わった後は組み木をバラし、まだ赤々と色ずく炭や灰を広げて道を作ります




祭りはいよいよクライマックスへ


火渡りをしようと列を作る群衆に一人一人に向けて法螺貝を吹いて安全を祈願します。

(祝詞?真言?なのか判別がつきませんでしたが)これから火を渡る全ての人へ口上を読みあげ、分厚い経典のようなもので背中を叩いて邪気を払っていきます(多分)(この辺の所作の細かい意味はわかりません)
 
煙に巻かれあたりは真っ白


いよいよ火渡りの始まりです


靴を脱いで、皆さん素足で大地を感じています

  


おわりに


今回は厄払いを兼ねて、火渡りに行ってきました。初めての体験でとてもいい行事でした。行ってよかったです。道を渡り終えた後はなんだかスッキリした気分で、身も心も軽くなったようでした。本当にありがとうございました。

最後に、東日本大震災から7年が経ちました。改めて被災して亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

八女・福島八幡宮『宵の雛』


『宵の雛』


先日福岡県八女市(僕の地元)で開催中の「雛の里・八女ぼんぼりまつり」の関連行事『宵の雛』があったのでふらりと散歩がてら行ってきました。




3月10日は、一夜限り限定で八女市本町にある福島八幡宮で竹で作った灯篭で境内が彩られていました。

ボランティアの方々が用意した1200本もの竹灯篭。

普段の見慣れた神社が一変。

そこには幻想的な空間が広がっていました。

先日行った山鹿灯篭浪漫『百華百彩』に比べれば、規模は小さいですが、大きいとか小さいとかではなく、ここでしか見れない光が幽玄でゆらゆらと揺れていました。

相変わらず人もまばらで、八女ならではののんびりとした時間が流れていたのでした。。。


『八女探訪記』:カメラ片手に地元の魅力を再発掘遊泳中


今日は僕の生まれた町、福岡県の八女市について書いてみます。

温泉や特別な観光名所がある訳ではないが、地元の魅力を発掘すべく、カメラ片手に町をぶらついてみた。

幼少期は、何の変哲も無い田舎町に特別な思い入れはなかった。どちらかといえば、早くこの町を出たい、と思っていた。

だけど、いざ地元を離れ、様々な土地を転々とした後、また生まれ故郷に帰ってくると昔とは違った見え方をする。「住めば都」とは、よく言ったもので住みだしてみると新たな発見をする事が多々あるもので、せっかくなので僕の目線で八女の事を紹介してみようと思う。


諸行無常


せっかくなので、時の流れと共に変わりゆく「ふるさと」の今を写真に収めながら記録として記憶に留めておこうとブラブラ歩いてみた。

万物は常に移ろいゆく。何一つとして同じものはなく、変化し続ける。あらゆるものは諸行無常なので、『今ここ』を残しておこう


白壁の町並み


まずは、白壁の町並み。ここは、「町並み保存会」なる地元のNPO団体や有志達が変わりゆく町並みを残そうと活動をしてくれている。そのお陰で昔ながらの古い町並みが未だ残っている場所である。昭和情緒溢れる、ノスタルジックな通りになっている。初めて八女に来る方はこの辺をまずは散歩してみるといいだろう。

この通りは、閑散としていて、驚くほど人気がない。

この日は「八女ぼんぼりまつり」と称し、いたるところでお雛様が飾ってあった。なのに、人は全然いない(笑)


土橋市場


続いて土橋市場。僕の子供の時の遊び場です。

鳥居をくぐると、小さな路地が現れる。

路を奥へと進んでいくと神社があります。沿道には所狭しと小さな店が軒を連ねる。


一時期は、寂れたシャッター通りになっていてんだが、最近は若い人達が新しい店を次々にオープンし復活の兆しがある。


昔ながらのスナックや飲み屋、それに加え新しい店も増え、新旧混在する面白い路地である。ノスタルジックな雰囲気が漂い写真の撮り甲斐がある通りである。

時折、カメラ女子とすれ違うこともある。
何とも言えない不思議な通りなので、八女に来たら行ってみる事をオススメします。日本の昭和の空気感を感じれるので外国の方を連れて行っても喜ばれる事でしょう。

土橋市場の周りのは、飲み屋街。多くの飲食店が点在しております。


壊れかけの街、八女



僕が子供の頃は、街のいたるところに活気があってお店も繁盛し賑わいを見せていた。だが、時代の流れか今は壊れかけの店や建物が多い。

廃墟や廃屋。ボロボロなんですが何故か興味をそそられる。ついついカメラを向けたくなるんです。新しいもの好きな人から、すれば僕はただの変人でしょうね(笑)

ただの汚ったないボロ家屋。時間の流れや栄枯盛衰、そんな事を感じれる味のあるものが好きなんです。それにしてもボロボロですね(笑)


商店街は酒蔵や仏壇屋があります


八女にはいくつかの酒蔵ある。その内の一つ、こちらは昔から続く酒蔵『喜多屋』。
以前、「IWC2013・2014世界大会サケ部門1位蔵」を受賞し話題になった。海外でも名が知れる八女の銘酒を作っている。あと、『繁桝』も有名で美味しいのでオススメです。酒好きのゲストを連れていくと喜ばれるだろう。



まだまだ、残る古めかしい町並み



まとめ


皆さま、いかがだったでしょうか??

私の住む八女はこんな感じの街でございます。分かりやすいよう今回は写真多めでした。まだ他にも見所がるので、おいおい撮って、書いて、アップしていきますのでよろしくお願いします。

今回もロシアのオールドレンズ「ヘリオス」で撮ってみました。古いレンズと古い町並みがよく合いますね。ではでは、またまた。

のど潤す。のどぬ〜る、ぬれマスク


のどぬ〜るぬれマスク


寒くなったり、乾燥したり、季節の変わり目に花粉の時期、そんな時はマスクの需要が急増する。そこでおすすめのマスクを紹介します。加湿フィルター付きマスクです。高城剛さんのライフパッキングでも紹介されていた品です(Kindle Unlimitedなら¥0で購読できますよ)


加湿効果があり、使用感も良い


ここ数日風邪をひいている。
インフルエンザではなかったが、咳が止まらない。痰は出るし鼻づまりもあり息苦しく、咳が止まらない。特に夜は咳き込んで寝付けない時がある。医者に診てもらうと、喉が真っ赤になってるそうだ。声も枯れ、喋るのもツラいくらい。

乾燥する冬場は喉を痛めやすい。なので、最近は日中も就寝中も湿度を保てるマスクを使っている。保湿用のフィルター付きなので喉が乾かなくて調子が良くなってきている。

無臭のものもあるが、僕は匂い付きのものを愛用してる。お気に入りは、柚子カリンの香り。息するたびに、甘い香りがするのが嬉しい。ちょっと乾いてきたら、フィルターに水を塗れば復活。10時間は使える。香りは、少し落ちるが、保湿効果は持続する。

細部にも気配りがしてあり、紐も幅広で柔らかく、ずっとつけていても耳が痛くならないよう配慮してある。しかも、立体型なので圧迫感もなく喋りやすい。つけ心地の良さは、流石、メイドインジャパン。


ここ10年マスクの市場規模は約5倍


近年冬場や花粉の季節になると街中でマスクしている人が異常に多いことに気づく。なんと、日本のマスク業界、市場規模がここ10年で約5倍だそうだ。どうりで、どこを見渡してもマスクしてる人ばかりなわけだ。お陰でメーカー側も様々な新商品を投入してくるので試し甲斐がありますよね。

安いものでは、ドラッグストアで50枚700円くらいである。それに比べれば『のどぬ〜る ぬれマスク』はやや高めだが、コストパフォーマンスは高く、風邪の時や、休みのお出掛けの時はやっぱりコレが重宝する。何せ、息するたびにしっとり良い香り。付けてる間はハッピー感が持続しますよ。無臭タイプもあるが個人的には香りつきのものが好きです。人によって香りの好みもありますので、一つ買って試してみるのもいいですね。

アロマ然り、香りは癒しと幸せを運んできますからね。香りの力、あなどるなかれ、ですよ。是非お試しあれ

無臭でも加湿効果があるので乾燥するこの時期にはオススメです。

『ジョブズ100の言葉』 堀江貴文監修


ジョブズ 100の言葉


今日も本の紹介をします。

過去の偉人の言葉には現代をサバイブしていくための叡智が詰め込まれています。パソコン(Macintosh,iMac),i-phone、i-padなど偉大なる発明をし、僕らの生活を劇的に進化させた彼の功績は計り知れない。

何故彼は人々の暮らしを変えてしまうほどの製品を生み出すことができたのだろう?クリエイティブな発想法や仕事観はどのように生まれたのだろう?

答えはどうやら、彼の思考や生き方にあるようです。

そこで本日は、アップルの創始者スティーブジョブズの名言集を紹介します。

監修はI実業家・堀江貴文さん(ホリエモン)。私の地元八女の偉大な先輩。

本書は4つの章からなり、それぞれのテーマごとにジョブズの言葉を引用し、写真集のように読みやすく簡潔に書き進められていく。

第1章「イノヴェーション」

第2章「リーダーシップ」

第3章「価値観」

第4章「キャラクター」

という順序でジョブズの名言集は書かれている。見開き1ページごとに完結しているのでどこからどう読んでもかまわない。普段の生活の中で、パッと開いてみて1日の格言とするような使い方もいいだろう。また、壁にぶつかりどうやって越えようか考えている時のヒントにもなりうるだろう。
「ジョブズの言葉には好きなことをして生きるためのヒントがつまっている」

きっと今のあなたにとって必要な言葉に出会うはずでしょう。

非常に読みやすく書かれているので数時間もあれば一冊読めますよ。


ここで一部紹介


「何をしないかを決めるのは、何をするのかを決めるのと同じくらい大事だ」

「10秒早く起動できるようにすれば、何十人もの命を救えるんだ」

「創造性は何気ない会話から、行き当たりばったりの議論から生まれる」

「直感にうったえる」「美しさを追求する」「シンプルさを追求する」
「必要なものを見極める」「チャンスに賭ける」「情熱を持て!!」

「新しいことを始めるとき、間違いを犯す事がある。最善の策は間違いを直ぐに認めて、改善し続ける事だ」

「単純にする事が僕のこだわりだ。複雑であることよりもとても難しい」

「遊ぶように仕事をする」

これらの事柄が実体験と写真付き(ボブデュラン、ジョニミチェルなんかも)解説。内容はもっと書きたいけれどこれぐらいにして、中身が気になる人は読んでみてくださいね。

更に詳しくジョブズの生き方に触れたい方はこんな本もあります。
こちらは結構読みごたえありますので腰を据えて読んだ方がいいですね。

あと映画も分かりやすくてオススメですよ。
左が実在の人物が登場するドキュメンタリーで、右が役者さんが演じる映画仕立てになってます。個人的にはドキュメントの方が赤裸々に光と陰を描いてオススメです。

それでは皆さま

STAY HUNGRY, STAY FOOLISH!!

 

 

原点回帰:グレイトフルデッドにマーケティングを学ぶ


今日は本のご紹介。。。


グレイトフルデッドにマーケティングを学ぶ


原点回帰するべく久しぶりにこの本を手に取った。

表紙を開くとそこには鮮やかなレコードのジャケットが描かれこう書かれている。

『ライブ録音OK!音楽は無料で聴き放題。それなのに年間5000万ドルも稼ぐ。40年前からフリーもシェアも実践するヒッピーバンド、それがグレイトフルデッド』

バンドが、ライブ録音を許可するなんて前代未聞だし、音楽も聴き放題、フリーやシェアで一体どうやって稼ぐんだ??って思いますよね。

この本は、れっきとしたビジネス本です。でも、ヒット曲もない、ビートルズやストーンズのように有名でも無いヒッピーバンドが一体どのようにして大成功を収めたのか?その秘密がここに記されています。

本書にはウエブ時代のヒットの根本が書かれています。それは、アメリカ西海岸で生まれた「ヒッピーカルチャー」です。その恩恵を受け、『インターネット』『アップル』が生まれたのです。

「え???」と思われる人も多いでしょうが、この本を読むと最先端のビジネスの誕生の影にヒッピー&ドラッグカルチャーが影響を及ぼしたことを知ることができるでしょう。かのスティーブジョブズも若かりし頃はグレイトフルデッドばっかり聴いていたそうですからね。

とにかくグレイトフルデッドが好きな人は必ず買ってください。あなたがデッド好きならば決して後悔はしません。逆に、あまりグレイトフルデッドが好きではない人は買わないほうがいいかもしれません。

それでは、少し興味のある人の為に本書の中身を軽くご紹介します。


目次 Chapter00


Part 1 THE BAND

『ユニークなビジネスモデルを作ろう』
『忘れられない名前をつけよう』
『バラエティーに富んだチームを作ろう』
『ありのままの自分でいよう』
『実験を繰り返す』
『新しい技術を取り入れよう』
『新しいカテゴリーを作ってしまおう』

Part 2 THE FANS

『変わり者でいいじゃないか』
『ファンを冒険の旅に連れ出そう』
『最前列の席はファンにあげよう』
『ファンを増やそう』

Part 3 THE BUSINESS

『中間業者を排除しよう』
『コンテンツを無料で提供しよう』
『広まりやすくしよう』
『フリーから有料のプレミアムへアップグレードしてもらおう』
『ブランドの管理をゆるくしよう』
『起業家と手を組もう』
『社会に恩返しをしよう』
『自分が本当に好きなことをしよう』

どうです?目次を見るだけでも、この本がれきっとしたビジネス本であることがお分かりでしょう?

本書は3つのカテゴリーに分けて書かれている。今では当たり前の成功手法として多くの企業が取り入れていることを1960年代からいち早く実験的に行なっていたのがグレイトフルデッドなのです。この奇妙で風変わりなバンドがどのようにこれらを実践していったのか気になりませんか?

これらの内容を、デザイン性に富んだアートワークや写真とともにこの本は進行していきます。まるで彼らの音楽ように、ライブそのもののようにね。


デッドの教えの実践者


オバマ大統領から、スティーブ・ジョブズまで、米国トップは皆グレイトフル・デッドから学んでいた。そのほか、グレイトフル・デッドの教えを実践する、グーグル、アメリカ陸軍、COACH、Kindle、アマゾン、マクドナルド、ビル・ゲイツなどの事例も満載で、分かりやすく解説してあり、チャプターごとに独立した内容になっている為どんな順番で読んでも楽しめるようになっています。だから、気がむいたところから読んでみよう。

ふとした時に、パラパラとページをめくるだけでも楽しめます。ただ、興味がない人は買わないほうがいいDeathよ。


ライブで収益を上げる


このバンドは音楽業界のセオリーを全く無視して活動していた。従来のやり方では、いかにレコードの売り上げを伸ばすか?という点に着目する。だが、デッドは他のバンドとは全く逆で、レコード販売ではなくライブで収益を上げ、ファンに直接チケットを売っていた。

年間100回ほどもある彼らのライブは、単なるコンサート以上のものだった。毎回違う曲順やアレンジ、その夜限りのセットリストは多くのファンを虜にした。ライブはハプニングの連続で日常とは異なる特別な体験であり、コアなファンにとっては人生そのものであった。ある側面では宗教的な、一種の祝祭のようなものであった。ツアーは多くのファンにとって巡礼のようなものであったのだ。


インターネットのない時代からのソーシャルメディアの活用


ビジネス的に特筆すべきことは、今注目を集めている『ソーシャルメディア』を活用した最先端のマーケティングの多くを1960年代すでに開拓していたのも注目すべき点である。読み進めていくうちに今日の時代を先読みしたかのような横の繋がりを大切にしたマーケティングが面白い。

グレイトフルデッドは、リスクを取り、新しいことに挑み、失敗と成功から学び、前進し続けることを教えてくれる。

改めて読んで見ると再確認させられる内容満載です。最近撮った写真のようにピントずれのブレブレだった自分の核が再び真ん中に定まりました。

そして、最後の章はこう締めくくられている。


自分が本当に好きなことをやろう


これは、デッドの理念でもある。グレイトフルデッドは自分たちのやっていたことが本当に好きだったのでそれをやり通した。そして、もちろん結果的に成功した。自分たちのやっていることをいかに愛しているか。成功する可能性なんてほとんどなかったにも関わらず、情熱があったからこそなしとげられた。

僕たちは子供の頃、「仕事」と「遊び」は本質的に相反するものだと教わった。だが、この考えは正しくない。仕事とは遊びのように楽しいものなのだ。

自分がやりたいことをやると、成功の可能性が高くなるだけでなく、ずっと大きな幸福感を与えてくれる。どうせ人生の大半は働くのだから、自分のやりたいことをやったほうがいいではないか。楽しめない事に時間を費やすと、職場以外のところでも精神的なダメージがある。逆に、本当にやりたいことをやると、私生活の方にも大きなメリットがある。

さあ、それでは今この瞬間を楽しもう


“WHAT A LONG STRANGE TRIP ITS BEEN”


このバンドを知ってから僕の人生が少し狂い出した。それは予期せぬ素晴らしき体験をもたらした。また、このバンドを好きになって個性的で愛すべきたくさんの仲間に出会った。その繋がりは今日も続いている。そして、この本との出会いがまた長く不思議な旅の始まりとなったのでした。

この本の日本語版を出すにあたり尽力していただいた糸井重里さんにも多大なる感謝とリスペクトをおくります
ありがとうございます

更にビジネスに突っ込んだ内容を知りたい方はこちらもどうぞ

グレイトフルデッドは、リードギターのジェリーガルシアは亡くなったものの、他のメンバーはまだ健在。今もなお現役でオン・ザ・ロード。みんな高齢になってきたので最後に見るなら今しかない。。。今年か来年夏のアメリカサマーツアー行きたいーーー。。。